実は、最も短い時間で、誰でも爆発的に利益が取れるのは、ニュース(経済指標発表時)トレードです。

FXでは、毎月、数多くの経済指標発表時刻にトレードチャンスがあります。各国ごとにあるので毎日のように指標が来ます。

またたく間に50pips動く指標は普通で、時には300pips動くこともあります。

FOMC政策金利
BOE政策金利
ECB政策金利
RBA政策金利
政策金利決定議事録
BOEインフレ報告
日銀短観
非農業部門雇用者数
新規失業保険申請件数
ISM非製造業景況指数
消費者信頼感指数
新築住宅販売件数
消費者物価指数
対米証券投資
中古住宅販売件数
--
GDP(Gross Domestic Product)
失業率
個人所得
個人消費支出
小売売上高
鉱工業生産
新設住宅着工戸数
住宅建設許可件数
耐久財受注
シカゴ購買部協会景気指数
ミシガン大学消費者信頼感指数
貿易収支経常収支

<< 経済指標 参考リンク >>

ニューストレード専用のEAが入っており、ニューストレードEAの動作には、MT4(メタトレーダー)を使います。

このEAを実行すると、現在の為替レートから指定した間隔幅(pips)で、建値リスクを分散するため、上下に5つ新規の順張り指値注文が入ります。

そして大型経済指標が発表される時刻を待ちます。

ワクワク ドキドキします。

大多数のケースで、上下のどちらかに30pips〜100pips〜300pipsほどのスパイク(急激な爆上げ↑、急激な爆下げ↓)が発生します。

この経済指標時のスパイクは一気に突き進む事がほとんどなので、仮にストップロスを、15pipsで設定していても、それに掛からず、毎回毎回、50pipsを超える規模の利食いを楽しむことができます。

FXで利益を出すための6種類のツールで構成されています。

通貨温度計
● 指標発表インディケータ
● ニューストレードEA
● デジタル表示インディケータ
● カレンシーメーター
● オーダースクリプト

米ドル、ユーロ、ポンド、円、各通貨の力関係を一目で把握できますので、グラフィックで相場の売り、買い、見送りかの判断が飛躍的に向上します。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://home.ljsgh.com/tb.cgi/9

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー